自動車

時期が来たら必ず車検に出そう|車の健康診断

事故の際の有力な証拠に

女性

万が一に向けての備え

車両のフロントガラス付近に設置されて事故発生前後の状況が記録される装置は、バスやタクシー・運輸業などで先行的に導入されてきました。中でも映像記録型のドライブレコーダーはここ数年で急速に普及しつつあり、業務用車両ばかりでなく一般の車でも導入が進んでいます。記録映像の高画質化と記録媒体の大容量化も進んだ結果、最近のドライブレコーダーでは事故発生前後だけでなく常時録画のスタイルが主流となりつつあるのです。従来は交通事故が発生した場合に警察が調書を作成するに当たって、当事者や目撃者の証言など人的証拠だけが頼りとされてきました。しかしながら信号の状況などの点で当事者間の主張が食い違っていて目撃者がいない場合は、事故後の処理で過失割合を決定するのに揉める例も少なくありません。そのようなケースでドライブレコーダーの記録映像があれば決定的証拠を提供してくれるため、自分が不利にならないよう主張を認めてもらえるのです。このようなドライブレコーダーはマイクロSDカードなどの記録媒体に映像を連続記録する仕組みとなっており、ハイビジョンの解像度を持つ製品が現在の主流です。高性能のドライブレコーダーでも最近では低価格化が進んで購入しやすくなり、シガーソケットに差し込むだけで手軽に設置できます。シガーソケットを塞がないようドライブレコーダーの電源をヒューズボックスから取ることも可能で、器用な人は自分で配線までを実施しています。ドライブレコーダーを設置して常時録画状態にしていれば、運転の方も慎重になるため事故を起こす危険性もそれだけ低くなるものです。交通事故を起こさないように運転するのが望ましいと言えますが、自分に非がなくても不幸にして事故に巻き込まれてしまうケースも有り得ます。交通法規を遵守した運転を心がけている人にとって、万が一の事故発生時にもドライブレコーダーがあれば心強い味方となってくれるのです。